きおくのたな

思うがまま、日常のことを書き留めていきます。

IMG_4515
ご無沙汰しています。新社会人になり、1か月ほどが経ちました。

僕は、「先生」として働いています。大学後半は、「書く」ということに関心を抱き、さまざまな方にお世話になりながら動いていましたが、大学入学前から、関心を持っていた教育現場で仕事をすることにしました。

soar

さて、卒業や就職という節目で振り返りを記さなかった僕が、このタイミングで記事を書こうと思ったことには理由があります。

皆さん、「soar」というWebサイトはご存知でしょうか。

「soar」は、人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていくメディア。これまでには、障害やLGBT、うつ病などさまざまな要因を抱えながらも、ポジティブに可能性を示し続ける人々のインタビューやニュース記事を発信してきました。
13124923_982329538541710_4391434134574922731_n
そんな「soar」は、全国取材費・サイトリニューアル費を募るクラウドファンディングを開始。現在、目標金額の半分となる125万円を集めていますが、このクラウドファンディングは、目標金額を達成しないと1円も頂くことが出来ないチャレンジとなっています。

これまでの「soar」のインタビュー記事は、「soar」編集長の工藤瑞穂さんが貯金を切り崩しながら、関東圏や東北、関西で取材を行ってきたもので、より良い情報を全国に取材し、多くの人々へ届ける費用、そしてよりサイトを使いやすくするための改修費用として資金提供を募っているのです。

僕も記事の執筆で「soar」に携わっているのですが、関わった経緯も含めて「soar」には強い思いを持っています。
a1180_005954_m
僕の弟は、「自閉症」という発達障害を持っています。4つ年の離れた弟は、今年特別支援学校を卒業しましたが、普段私たちが会話を行うように、言葉を交わすことが出来ません。つまり、発語を行うことが出来ない。

家の手伝いもしてくれますし、とても気の利く優しい子です。ですが、言葉や認知といった部分に発達の遅れがあり、障害を抱えています。

僕自身が、彼が「自閉症」だということを知ったのは、小学生の頃ぐらいだったかと思います。小学生・中学生のうちは、何も考えることなく、過ごしていました。

意識して考えるようになったのは、高校生頃からです。進路について考えるときに、自分がどう飯を食っていくか、家族をどう食わせていくかを未熟ながらも考えるようになり、弟は将来働けるのか、誰が面倒を見るのか、両親は弟のサポートをいつまで行うことが出来るのか、そんな先の見えない不安に悶々と。

将来に対して、そして将来の弟の存在を重荷に感じていたのも事実です。

大学入学後も、なんとなく安定しているし、食いぱっぐれがなさそうだし、自分の環境で経験したことを子どもたちに伝えられるという点で、教員を志望していましたが、時折将来に対して不安を感じることがありました。
12042781_949579705150027_6773061704820032346_n
そんななか、大学在学中、インタビューやライターの記事執筆を経て、「書く」ということに楽しみを見出すようになり、「学校」という狭いコミュニティに閉塞感を抱いていた自分が、能動的に踏み出していける場を見つけ、水を得た魚のように飛び回りました。

その過程で工藤瑞穂さん、モリジュンヤさんと出会い、さまざまな媒体に導いていただき、「書く」ということを教わるなかで、「soar」で書く機会を頂きました。

さまざまな題材を記事にしていくうちに、生まれたときからの境遇、以前であれば足枷と感じていた部分を、オリジナルの武器に変え、記事に出来るようになり、1人で抱えていた過去や環境が、誰かの心を動かすのだとも気づくことも出来ました。

1つ

マジョリティではなく、一人間として生きる楽しみを見出させてくれた方々が、手を積み重ね、作り上げる「soar」。その今後に何よりもワクワクしているのは僕であり、強く貢献したい、そして能動的なサポーターでありたいと強く願います。

障害のある者を家族に持つ当事者からすれば、せっかく生まれたこんな大きなムーブメントを絶やしたくないとも。

「soar」のチームは、ファミリーのようなゆるく、温かな空気感を持っています。記事もそうです。

「soar」で掲載される1つ1つの記事に描かれた物語は、誰かの人生に新しい色を加えるものであり、 踏み出す勇気であったり、認める1歩であったり、過去を受け入れたり何らかのアクションを生み出すものだと感じます。
942894_952689484839049_608449303334252206_n

1つの家族から生まれた思いは、数々の出会いを経て、1つのチームに結ばれ、多くの物語をまだ知らぬ人々へ届けようとしています。

ありのままの姿を否定せず、必死にトライする人たちの声を届けようとする「soar」のクラウドファンディング。

もし良ければ、僕への就職祝いとしてでも少しでもご支援頂けないでしょうか。またクラウドファンディングの情報をSNSで拡散して頂けると非常に助かります。

支援や拡散のページはこちらから。よろしくお願いします。 


 soar
人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていくメディア「soar」でライターを始めました。

「soar」は、構想段階からお話を聞いていたメディアであり、スタートしてからもずっと追いかけていた媒体でした。

特徴的なのは、記事の全てが「自分事」として語られていること。「私はこう思う」、「私はこんな環境で育ってきた」というように、単なる紹介記事ではなく、どの記事も丁寧に想いが編み込まれています。
ポータルサイト
「soar」で初めてとなる記事は、「体験談が助けになる――発達障害のある子どもの子育てを支援するポータルサイト 「LITALICO発達ナビ」がオープン」というもの。

 「LITALICO発達ナビ」とは、株式会社「LITALICO」がスタートした発達障害のある子どもや、子育てを行う家族をサポートするポータルサイト。

 子育てに関する悩みを気軽に質問・相談できるQ&A機能や、親御さんが子育ての体験談を綴ったコラム記事を通して、発達障害のある子どもや発達が気になる子どもの子育てのための情報を網羅することが出来るようになっています。
a1180_005954_m

今回の記事では、発達障害のある者、発達障害の子どもと暮らす家族、そして発達障害のある人と関わる人たちとの自分自身の関わりが生かされたように感じています。

発達障害を「知らない」人たちの発達障害のある人に対する目や行動は、罪がないとは分かっていても厳しいものがあり、発達障害のある家族と暮らす人々にとっても辛いものがあります。

発達障害のある子どもを産んだ自分を悔んだり、情報を「知らない」からこそ子どもを責めてしまう親御さんであったり 。

不安や困難に苦しむ当事者たちに確かな視野を開く情報が届けば。今回の「LITALICO発達ナビ」は、そんな方々が情報を手に入れる媒介として、大きく機能すると感じています。 
cover
「soar(ソア)」は、 人の持つ可能性が広がる瞬間を捉え、伝えていく活動です。様々なかたちで発信していくことで、同じ願いを持つ人たちが集う場を生み出します。誰もが自分の持つ可能性を活かして生きていける未来を願って。

僕のお気に入りの「soar」の言葉です。

人の持つ可能性が広がる瞬間を発信することで、集いの場が生み出され、可能性に満ちた未来が構築されていく。

その過程の一端を「soar」の一員として担っていけることに喜びを感じながら、届けたい想いを持つ人々の力となれるように尽力していきたいと思います。 

1
2月24日(水)に津で、地域やNPOに関するイベントが行われるそうです。僕は、岐阜で取材のため、誰か行ってくれないかなとシェア。

主催の北直人くんは、三重大の友達で、僕が大学3年次に対話の場づくりとして行っていた『Stop and Think』にも毎回来てくれていました。

「NPOや地域で働く人の存在や想いを下の世代に知ってほしい。」とイベントを設定したそうです。
2
僕も3年のときは、三重の素敵な人たちを繫げたいと場作りを行ったり、インタビューを行ったりしていたことを思い出します。

今回設定された場では、いなべ市の地域おこし協力隊の方や四日市の商店街の地域活性化に関わる方も登壇されるそう。

これまで三重県北部の活動が可視化されることは、あまりなかったように思うので、貴重な機会だと感じますね。

三重県北部は、三重県初の実践型インターンシップ事業・キャリア教育事業を行う一般社団法人「わくわくスイッチ」やプロサッカーチーム「ヴィアティン三重」をはじめ、興味深い活動が増えているように感じるので今後の展開が楽しみです。

↑このページのトップヘ